やまと呼吸整体院 プリエ

呼吸を使って行う整体 無痛・安心・安全

究極のフジイ式呼吸整体院 プリエ

「呼吸」誰も知らないもう一つの働き

69歳の女性が、初めて施術を受けに来られた。
毎日、スポーツクラブへ行ってヨガやエアロビクス、○○ストレッチ、プールで泳いだりしておられるという。
ご自分の身体の不調を訴えるのではなく、「呼吸法」を知りたくて、痩せる呼吸法を知りたくて来たとおっしゃる。
「呼吸整体」とうたっているので、このようなお客様がたまにおられる。
一般には「呼吸」=「呼吸法」というイメージが定着しているのだろう、それも仕方のないことかもしれない。

私の整体院では、呼吸の「もう一つの働き」を使って身体の歪みを解消している。
お客様の「吐く息」と「吸う息」のどちらかに合わせて触れたり動かしたりしているのだ。

「呼吸」のタイミングをはからずに刺激を入れても、身体の歪みが解消されないことは背骨を見ればすぐにわかる。
それでは、症状も改善しにくい。

例えば、掃除機をかけていると腰が痛くなったり、
朝起きようと思っても身体が痛くてしばらく動けないとか、
洗濯物を干す時に腕をあげると痛い、
膝が痛くて階段がつらいという方、
そして肩こりや頭痛など様々な症状を持ったお客様が私のもとに来られる。

身体を見ると、左右の肩の高さや肩甲骨の位置が違っている、
骨盤がねじれている、
背骨が曲がりよじれているなど、
「年月を重ねて定着した身体の歪み」がある場合が多い。

呼吸を見計らいながら身体の前後左右の筋肉バランスを整え、歪みを解消していくうちに、
つらい症状から解き放たれて快適に健康に過ごすことができるようになる。

さらに、身体の歪みを溜め込まないで定期的にメンテナンスを続けることで、
「将来一人で歩けなくなったらどうしよう」
「好きなところへ自由に行けなくなったらつまらないよな」
「トイレにも一人で行けなくなったら」
という不安が軽減されると私は確信している。

私の仕事は、「健康の自立」ができて、
命があるかぎり身体のことで悩む必要がなく、 健康で元気に輝いて自分の命、使命を全うする人を増やすこと。

そのためには、「呼吸整体」を多くの方に知ってもらうことが一つ。
そして、呼吸整体の理論を応用して考案した「呼吸体操」を普及させ、
自分で身体の歪みを解消するメンテナンス方法を知っている人を増やすことも、もう一つの目標。

奇しくも今回来られたお客様にお伝えした「痩せる呼吸法」(ウエストが細くなり、歪みも解消する)も含め、
「呼吸体操」を普及させていくことが私のミッションとなっていく。

現に、63歳で初診、現在79歳の女性で、「呼吸整体」を受け3年前から「呼吸体操」もしておられるお客様は、
「ここに来た時よりも今の方が元気よ。」とおっしゃる。
骨年齢が50歳代とお医者さんに言われたそうだ。

この実例は、私の自信となり、これから進むべき未来への確信となっている。

お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

    やまと呼吸整体院プリエは、完全予約制です。
    ご予約・お問い合わせはお気軽に。

営業時間について